2020-04-06
スクール情報

新型コロナウイルスに伴う、スクール活動休止について

ゼルバサッカースクールは新型コロナウイルス感染予防のため、本日4月6日(月)より、
スクールの活動を当面の間休止することになりました。

■休校期間

2020年4月6日(月)~2020年4月19日(日) 予定(宜野湾市が主に基準)
今後の政府や行政による要請、施設の方針などによっては、4月19日(日)以降もスクール活動があらためて休止となる可能性があります。その際、皆様には速やかにお知らせしつつ、休止決定の時期や規模を考慮し対応を検討させていただきます。

■ゼルバサッカースクール代表 二田水晶からのコメント

新学期の始まりでもあり、大変残念で心苦しいではあります。

ただ、理由としましては、

①いこいの市民パーク周辺で濃厚接触者がいたとの情報もあり、スクール生ならびに、そのご家族のリスクを減らす
②前回の休校期間とは違い、沖縄本島内での感染者数が増加。国内、さらには国外の状況を鑑みた際に、現時点で外出する頻度を減らすことが大切

である。と考えました。

特にスペインやアメリカなどは、つい二週間前まで『こっちは平気』と、普通に暮らしていたのに、今では医療崩壊が起きつつあるのが現状です。『まさかこんなことに』という医療関係者からの映像を見ると、沖縄も他人事ではありません。

ぜひ、皆様も対岸の火事とは捉えず、いまここで収束から終息へと向かえるように、取り組んでいただきたいと思います。

また、昨日と今日にかけて日本国内と海外の指導者と40人あまりでオンラインミーティングを行い、『いまだからこそできること』を話し合いました。

サッカーができない日々が来るとは思いもしませんでした。
だからこそ、サッカークラブとして何に対して動けるのか?なにを提供できるのか?を話し合いました。
困難に立ち向かい、打ち勝つための姿勢や考え、思考を子供達、ひいては保護者の皆様と共有することで、より強く逞しく成長できると思います。そうした思考、メンタルトレーニングを行い、成長マインドを育む期間に据えたいと考えています。

改めてお知らせしますが、ZoomやオンラインまたはLINEのカメラを通して、ミーティングや、個人面談、また動画配信を考えています。

スクールが再開したときには、心が整い、新たな目的意識へと目を向けられるように、進みたいと思います。
皆様に発信しておりますが、念のためお友達や、体験希望の方へのご連絡もご協力いただけるとありがたいです。

大変心苦しい決定とはなりますが、事態収束へ向け最大限の協力をすることを第一に、
なるべく早いスクール再開を目指してまいりますので、何卒ご理解、ご協力いただけますようお願い申し上げます。

新型コロナウイルスについては、皆様ご自身で常に最新の情報をチェックしていただきますようお願い申し上げます。
下記の通り、厚生労働省による関連ページのURLを掲載します。

■厚生労働省

新型コロナウイルス感染症について
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

国民の皆さまへ
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00094.html#tokucho