2022-08-01 (E)

夏季・短期スクール開催

  • New
  • BLOG & COLUMN

集中サッカー開催

 

ゼルバサッカースクールでは、去った7月27日より3日間、宜野湾市海浜公園と沖縄市若夏公園で短期集中スクールを開催しました。

 いずれの開催場所でも約30名の子供達が集まりトレーニングに励みました。

 コースは低学年(4年以下クラス)と高学年(5,6年)のクラスに分かれて行いました。

沖縄市のクラスでは、沖縄市、うるま市、金武町などから通ってきてくれ、初めてゼルバでのトレーニングを経験した子も多くいました。

認知・判断・選択・そして実行

 トレーニングでは『認知』という言葉に触れることからスタートしました。

 サッカーのトレーニングにおいて、周りの状況を観ることから始まり、周りの状況を知覚することでプレーの判断基準ができる。

 ドリブル、パス、シュート、それらは手段であり、目的は何かを観て、考え、選択し、実行していく・

という過程を理解してから始まりました。

 はじめは頭に「???」が浮かんでいた子供たちも、説明とセットでの練習に触れるたびに、周りを見て、プレーを判断していくことの大切さを感じていきました。

 周りを観る、視野を確保するために大切な体の向き・ポジショニングの大切さを日を追うごとに理解し、

観るべきもの、相手・仲間・ボール・ゴール・スペースを意識していきました。

 技術的なことを3日で伸ばすことも大切ですが、サッカーとはどんなスポーツかを考え、

観て、判断する、思考して、試行することで、この3日を過ぎた後に、成長するベースができることを狙いました。

 

スキル以外にも学んで欲しい 

能力が高い子が多く、感覚優位な子もたくさんいる中で、

プレーの質が日を追うごとに変化が見れたこと、また子供同士でコミュニケーションをとる回数が増えてきたことが、成長をさらに加速させていました。

 成長と同時に、こうした初めて会うメンバーや、新しい環境でも、徐々に慣れる。コミュニケーションを取れるようになることは、サッカーを通して得られるかけがえのない体験です。

 試合会場や、これからの人生でも出会うことがあるはずです。

 今回の集中サッカー教室で、サッカーのレベルアップは、もちろん、サッカーから学べる楽しさを少しでも深く感じてもらえたら何よりです。

 夏休みの後半・8月22日から24日までは南風原町本部公園と、沖縄市美東公園にて行います。

 詳しくはokinawazelva2017@gmail.com

または080-1147-1245  ゼルバサッカースクールまでお問い合わせください。

 

 

無料体験お申し込みはこちら
無料体験お申し込みはこちら